MENU

スライムのアレンジの種類10選と作り方を解説【身近な材料で作る】

スライム

子ども達が大好きなスライム。クラスの子に「何して遊ぶ?」と聞くと、「スライム作りたい!」との声が毎回ある程、大人気の遊びです。

スライムは基本のスライムだけでも楽しく遊べますが、いつもと一味違うアレンジスライムを作ると、子ども達はよりワクワク!瞳をキラキラにさせて楽しんでくれます。

今回はそんなスライムのアレンジを10選と作り方を解説したいと思います。

目次

基本のスライムの作り方

基本のスライムの材料と作り方を紹介します。

材料

・500mlのペットボトル

・ホウ砂(ホウ砂を使わなくても作る方法がいくつかありますが、ホウ砂があるととっても簡単で、とっても便利です。そんなに高くないので、ホウ砂が1つあると、長年使えます)

・洗濯のり

・絵の具か食紅

 特徴

 ・絵の具→色の種類が豊富なので好みの色を作ることができます

 ・食紅→透明感があるスライムを作ることができます

     また食紅があると色水遊びや寒天遊びなど様々なものに使えて、とっても便利です

・紙コップか透明カップ

・割り箸

・水道水

作り方

ホウ砂水の作り方

1、500mlのペットボトルに水道水(9分目程)を入れます

2、ペットボトルのキャップにホウ砂(こぼれない程度)を入れます

(500mlの水とキャップ1杯のホウ砂で、量を計らなくてもホウ砂水ができます!!)

スライム

3、蓋を閉め、思いっきり振ります

ホウ砂水の完成です!

・ペットボトルで作るので保存も簡単です。

・500mlのホウ砂水でかなりの量のスライムが作れます。(500mlのホウ砂水で10〜15人くらい分作れます)

スライムの作り方

1、使い捨てする場合は紙コップ、再使用する場合はビニールカップを用意し、容器に洗濯のりを入れます。(作りたいスライムの3分の2程)

スライム

2、少しずつホウ砂水を入れて、割り箸で混ぜていきます

(洗濯のり3:ホウ砂1くらい)⇦正確に測らず目分量で大丈夫です。

スライム

液体が固まったら、スライムの完成です!!

スライムのアレンジの種類と作り方

スライムのアレンジの種類と作り方を解説します。

①キラキラスライム

スライム

1、基本のスライムを作ります

2、食紅、絵の具を入れます

3、ラメ、グリッターを入れます

ラメを入れると、とーってもきれいです♪

②クレイスライム

スライム

1、基本のスライムを作ります

2、食紅、絵の具を入れます

3、粘土を入れてこねます

紙粘土があれば作れるので、初めてアレンジスライムを作る人におすすめです。

③光るスライム

スライム

1、蓄光粘土を太陽光に当てておきます

2、スライムを作ります

3、食紅、絵の具を入れます

4、蓄光粘土を入れてこねます

蓄光粘土をスライムに入れることで、スライムが光ります。子どもって光るものが好きですよね!

ぜひ電気を消して楽しんでみて下さい。

④ボンドスライム

スライム

1、洗濯のりとボンドを混ぜます(4:1の割合くらい)

2、絵の具、食紅を入れます

2、ホウ砂水を少しずつ入れます

とても弾力があり、ビヨーンと伸びるスライムができます。

伸ばして空気を包んんでつぶすと、パチパチと音がなり面白いです。

⑤スクイーズスライム

スライム

1、ボンドスライムを作ります(④を参照)

2、綿(ウレタンチップ)を混ぜます

不思議な触り心地のスライムができます。

スクイーズのように押して放すと元に戻り、癖になる楽しさです。

⑥クラウドスライム

スライム

1、ボンドスライムを作ります(④を参照)

2、スノーパウダーに水を入れます

3、膨らんだスノーパウダーとボンドスライムを混ぜます

綿あめや雲みたいなふわふわのスライムができます。

糸をひきながら伸びる様子を見るのも楽しいです。

⑦アイシースライム

スライム

1、基本のスライムを作ります

2、スノーパウダーに水を入れます

3、スノーパウダーとスライムを混ぜます

水とスノーパウダーの量を増やすと、シャリシャリのシャーベットのようなスライムになります。

スノーパウダーの量だけ増やすと、ふわふわでホロホロのスライムになります。

⑧風船スクイーズスライム

スライム

1、基本のスライムを作ります

2、風船の中にスライムを入れます

3、風船の口を結びます

風船にスライムを入れる際は、スライムを小さく切り、細長くしてから入れると入れやすいです。

好みの硬さになるまでスライムを入れて下さい。感触が楽しい風船スライムができます。

また透明の風船で作る中が見えて楽しいです。

⑨こおりスライム

スライム

1、洗濯のり、氷を入れます(氷が浸るくらいの量の洗濯のりを入れます)

2、食紅で色をつけます

3、ホウ砂水を少しずつ入れます

夏にぴったりのひんやりぷるんぷるんのスライムができます。

冷たくてとても気持ちいいです♪

氷はなるべく小さいサイズを用意するか小さく砕いて下さい。

⑩ふわふわスライム

スライム

1、基本のスライムを作ります

2、色をつける場合は、食紅や絵の具を入れます

3、シェービングフォームを少量入れて混ぜます

シェービングフォームを入れると、とっーても柔らかいスライムができ、ずっと触っていたくなるようなスライムができます。シェービングフォームの量を調整して、好みの感触のスライムを作ってみてください♪

まとめ

スライムのアレンジを10選と作り方を解説してきました。

ぜひスライムで子ども達とワクワクした時間を過ごして下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フリーランス保育士のあやなです。
10年保育士をしています。
子ども達とたくさんの遊びを作り上げ、たくさんの子ども達とワクワクの時間を過ごしてきました。子どもも、保育士さんもママさんもパパさんも、みんながワクワクして、子どもと過ごす時間を楽しめるアイディアをこのサイトで紹介します。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次